注意点

 ハンガーにかけられた女性用衣料

ファッションアイテムを販売している場合、売り上げをアップしたいというのは全ての人の願いではないでしょうか。
接客には色々な工夫があると思いますが、慣れてくると、気をつけなければならないことがあります。
それはお客様を第一印象で決め付けてしまうということです。
店に入ってきた途端、お客様の印象で買わないだろうな、と決め付けてしまうとその雰囲気はお客様にも伝わってしまいます。
接客に慣れてくると、ある程度の経験からそういう判断をしてしまいがちです。
しかし固定観念をなくし、そのブランドに興味があるお客様が来てくれていると考え、どんなお客様にも「買ってくれるに違いない」と思いながら接客すると自然と売り上げも上がっていきます。

全てのお客様を大切にするということは当たり前すぎることと思われがちですが、実は日々の接客の中ではできていない場合が多いのです。
言われると当たり前と思うことを実際に自分がきちんと行っているのか、常に振返ることが大切です。
また、販売員がノウハウを学べる本もたくさん売っていますが鵜呑みにするのではなく、使える情報を参考にしながらも、自分の感覚を大切にすると良いでしょう。
お客様との接客の中で、自分が感じた手ごたえを次に活かすことが重要なのです。
販売員が全て同じでは面白みがありません。
お客様それぞれに、販売員の好みはわかれるはずです。
自分らしさを生かした接客をすることが、お客様にとって良い接客になるのです。